この記事をシェアする

たくさんのアイテムを知ろう

お酢の効果を利用する

茶渋がこびり付くのは、タンニンという成分が参加するからです。
お酢には酸化を食い止める効果があるので、茶渋を落とすのに使えます。
利用する際は、お酢を直接茶渋の付いている部分に付けて、スポンジ擦ってください。
人体に害を与えることはありませんが、他の方法に比べてニオイが気になると言われています。

お酢を洗い流せば、コップにお酢のニオイが残ることはありません。
ですが洗っている時に臭いが気になったら、換気しながら作業してください。
ガマンして洗っていると、気持ち悪くなる恐れがあります。
穀物酢や黒酢など、お酢の種類は問いません。
ホワイトビネガーは、多少ニオイが抑えられていると言われます。
ですが、すし酢やフルーツビネガーは避けましょう。

歯を磨く時に使用する

歯磨き粉を使用することで、茶渋を綺麗に落とせます。
茶渋も歯の黄ばみも同じような成分なので、歯の黄ばみを落とせる歯磨き粉なら大きな効果を発揮できます。
歯磨き粉も調味料と同じで、いつでも自宅に常備しているでしょう。
お酢や塩など他の方法に比べて、効果が大きいと言われています。
使用方法は、スポンジに茶渋を付けて優しく擦るだけです。

どの方法でも言えることですが、優しく擦ることを意識してください。
強い力を入れて擦ると、傷が付く原因になります。
茶渋は落とせますが、傷が付いたらどうしようもありません。
傷があると割れやすくなるので、コップを使用できなくなります。
余計な傷が付かないよう、焦らないで慎重に洗いましょう。