この記事をシェアする

茶渋の落とし方を勉強しておこう

ミカンの皮を擦り付けよう

冬になると、ミカンを食べる機会が増えると思います。
皮を剥いて食べますが、皮をすぐに捨てないでください。
含まれている成分が掃除に効果的なので、茶渋以外にもキッチン掃除などにも使えるんですよ。
コップの内側に付いた茶渋を、ミカンの皮を使って落としてください。
方法は簡単で、ミカンの皮を茶渋の付着している部分に擦り付けるだけです。

頑固な茶渋の場合は、大量のミカンの皮を擦り付けましょう。
またリモネンが含まれていれば、ミカンでなくても構いません。
レモンやオレンジなど、柑橘系の果物の皮なら茶渋を落とすのに効果的です。
ミカンを最後まで無駄なく使えるので、この方法を覚えておきましょう。
茶渋が付いていると、気になっておいしくお茶を飲めません。

料理に使っている塩

調味料として、どこの家庭でも塩を常備していると思います。
塩は味を調えるだけでなく、茶渋を落とすことに効果を発揮できると知っていたでしょうか。
いつでも実践できる方法なので、すぐにコップを綺麗にしたい時に使ってください。
塩を茶渋が付いている部分に付けてスポンジで擦るだけですが、塩に含まれる成分が手にダメージを与えて、まれに炎症を起こしてしまうことがあります。

特に皮膚の弱い人や、手に傷がある人はゴム手袋などをして、肌を守ってください。
それでも肌が荒れてしまった場合は、洗うのをやめてすぐに塩を洗い流しましょう。
塩は、どのようなものでも構いません。
家庭で使用している食塩でも、十分綺麗に茶渋を落とせます。