身近なアイテムで落とせる

コップを綺麗に洗う方法を知っていれば、茶渋がこびり付いた時でも大丈夫です。
実はミカンの皮が使えます!
コタツにミカン、温かいお茶の入った湯飲み、なんて光景は日本ならではですが、食べた後のミカンの皮を使うのです。
リモネンが茶渋を落としてくれるので、ミカンを食べた後の皮は捨てないでください。
コップの底に、皮を擦りつけて洗いましょう。
また塩を使うことでも、綺麗になると言われています。
この時は料理に使用する食塩で構いません。

料理に使用する、お酢でも茶渋を綺麗に落とすことができます。
かなり大量のお酢を使用するので、ニオイが気になってしまうかもしれません。
もちろん洗った後はコップにお酢の臭いが付くことはありませんが、洗っている時に気になったら換気をしながら作業を進めましょう。
歯磨き粉でコップを洗うと、綺麗に茶渋が落ちると言われています。
たくさんの歯磨き粉がありますが、どれでも効果を発揮できると言われています。

頑固な茶渋で、他の方法で落とせなかったら重曹を使ってください。
重曹なら綺麗になりますし短時間で終わるという面がメリットです。
早くコップを綺麗にしなければいけない時のために、重曹を用意しておきましょう。
重曹を適度な水で薄めて、後は普通の洗剤のように使ってください。
スポンジに重曹を薄めた水を付けて擦るだけで、茶渋が落ちると思います。
これまで茶渋を気にして、お茶を満足に飲めなかった人がいるでしょう。
しかし身近なアイテムを使うことで、何度でも綺麗になります。